Skip to main content

ネットワークをエンドツーエンドで捉え、安全に保護し、最適化する

クラウド導入は避けては通れない道であるため、連邦政府機関はそれに向けた計画を立てる必要があります。規制遵守を確保し、継続的に「より少ないリソースでより大きな成果を上げる」には、リスクと中断を最小限に抑えながら、重要なアプリケーションを迅速かつコスト効率よくクラウドに移行しなければなりません。すべて可視性と制御を維持しながら移行させます。

円滑な移行に備えるには、移行前にパフォーマンスのギャップを検出して修正することが肝心です。ネットワークアーキテクチャの完全な可視性とアプリケーションのベースラインに関する知識なくしては、あらゆる脆弱性を把握して、それらに効果的に対応することは不可能です。

リバーベッドは、移行前に予測しがたい問題を検出して解決するため、AWS、Microsoft、または専有クラウドにかかわらず、シームレスにクラウド移行が行われ、これまで以上にユーザーエクスペリエンスが向上します。当社は政府機関との連携を通して、導入期間中とその前後にパフォーマンスの評価とその文書化を行い、すべてのコンポーネントが確実に計画通りに機能するようします。そしてクラウドが約束するメリットを得られます。

リバーベッドは以下を実現します。

  • 可視性 – ネットワークコンポーネント、トポグラフィー、潜在的な脆弱性の状況を包括的に捉えて、SaaS、クラウドベースやオンプレミスのアプリケーション、そしてインフラストラクチャ全体でSLAを実施します。
  • パフォーマンスの向上 – 先を見越した評価とトラブルシューティングを行い、オンプレミス、クラウド、SaaSアプリケーションのデリバリーを最適化し、データソースや目的地に関係なく、各アプリケーションに対してパフォーマンスのSLAとセキュリティを強化します。
  • 最適なエンドユーザーエクスペリエンス – 導入前にパフォーマンスベースラインを設定し、移行によるユーザーエクスペリエンスへの影響をテスト・予測し、導入後のユーザーエクスペリエンスが期待を満たすかどうかを検証します。

課題

多くの連邦機関と同様に、運輸省 (DoT) はMicrosoft Exchangeの電子メールアプリケーション (この場合は、Microsoft O365) のクラウドへの移行を目指していました。日常的に電子メールシステムを使用する従業員数が50,000人を超える環境において、その移行の規模と範囲は膨大なものでした。失敗していたら、生産性が失われ、コストが増加し、メディアからは批判されていたでしょう。

ソリューション

プロセスを確実に円滑に進行させるため、DoTはリバーベッドのSteelCentralソリューションに支援を求め、全体のネットワークアーキテクチャを把握し、シームレスな移行への前途に立ちはだかるネットワークとアプリケーションの潜在的な障害を理解することができました。

メリット

初めて政府機関リーダーは、帯域幅の要件、データフロー、そしてこれまで知られていなかったエンタープライズ全体のシャドーITのインスタンスを明確に理解することができました。当時のCIO、Richard McKinneyは、リバーベッドを「天からの賜物」と名付けました。リバーベッドは、運輸省のクラウド移行を成功させ、そのサイバー衛生方針をアップグレードする付加価値を実現しました。

リバーベッドの専用ツールとサービスを通して、DoTはクラウド導入前とその期間中にネットワークパフォーマンスを効果的に評価し、以前知られていなかった、または説明されていなかったネットワークエンドポイントの影響を軽減する措置を取ることができました。

cloud adoption government use case

I could see my end-to-end network architecture for the first time….and we discovered many unknown devices…This kind of network visibility should be mandatory for all federal agencies.
Richard McKinney
Former CIO
U.S. Department of Transportation

さあ、始めましょう!

Reach the full potential of your digital investments with Riverbed