IDC: アプリケーションを認識したネットワークパフォーマンス管理によるビジネス価値とROI の実現

過去10 年間において、ネットワークトラフィックパターンは、予測可能なポイントツーポイントのトランザクション指向の動きから、帯域幅を大量に消費する常時接続で多対多の双方向なトラフィックパターンへと劇的に変化している。仮想化、クラウドサービス、新たなWeb 中心のアプリケーションアーキテクチャ、ビデオ、非構造化データ、そしてビッグデータなどが新たに企業ネットワークに流入している。多くの組織にとって、ネットワークの安定性を確保する方法は、ネットワークインフラストラクチャの過剰なプロビジョニング、機器の標準化、個別のシステムからのメトリクスの寄せ集めによる今後の変更計画などに限られている。こうした取り組みは、次世代のネットワークのワークロードに対処するには時代遅れで、不十分であるだけではなく、このような「継ぎ接ぎ」のアプローチは、コストの上昇や信頼性に対する懸念、ビジネスニーズに対するITの機動性の低下などを招き始めている。

Download Report

Cras ut molestie elit, non fermentum nibh. Pellentes ut ex tincidunt, vulputate leo quis.

*
First
*
Last
*
hi@example.com
*
(XXX) XXX - XXX
*
Company
 
State
top.name