メニュー

ビジネスの道はデジタルにある

私たちの未来はデジタルにあります。企業のほとんどは現在デジタルトランスフォメーションのイニシアチブに投資を行っています。そして、そのペースは加速の一途をたどっています。

デジタルビジネス

相互にデジタルな通信、取引、交渉をしている人々、ビジネス、そしてモノ (マシン)。

デジタルトランスフォメーション

ビジネスのあらゆる側面に根本的な影響を与えるデジタル技術の応用。

探索を始めよう

デジタルエクスペリエンスこそがすべて

デジタルビジネスは、企業のエンドユーザーとの関わり合いとやりとりの方法を変革し、ビジネスの運営、目標設定、差別化の方針を変更します。それを成功させるためには、ビジネスがすべてのユーザー (パートナー、サプライヤー、社員、顧客) のデジタルエクスペリエンスを理解し、その管理を行う必要があります。

デジタルエクスペリエンス

デジタルアプリケーションおよびサービスと対話するヒトの体験。

デジタルエクスペリエンス管理

ビジネス成果、サービスパフォーマンス、アプリケーション設計などのサポートにおいて、エンドユーザー/消費者に提供するアプリケーションサービスデリバリーを分析し、最適化します。

デジタルエクスペリエンスに影響するものとは

デジタルサービスは、多くの移動する要素を含む、複雑な一連のインタラクションです。エンドユーザーのデバイス、ネットワーク、Webサーバー、アプリケーションサーバー、インフラストラクチャ、そしてアプリケーション自体で発生する問題のそれぞれは障害や遅延の原因となり得ます。デジタルイニシアチブの一部もしくは全体は、SaaS、IaaS、またはPaaSを介して提供されることがあるため、クラウドの普及に伴ってこの複雑さは増すばかりです。

問題を発見できない?

慣例的に、ITは、ネットワーク、インフラストラクチャ、アプリケーション、サーバーなど、それぞれのドメインをモニターする、単一または複数のモニタリングツールを活用しています。この状況は、相互に通信しない、パフォーマンスの問題を発見しない、多くの統一性のないツールをもたらす一方、依然としてエンドユーザーの不満はなくなりません。ドメインリードは問題が存在する場所をめぐって口論をはじめ、デジタルエクスペリエンス全体を把握する人は一人もいません。

デジタルエクスペリエンス管理はトランスフォメーションを推進する

統一されたデジタルエクスペリエンス管理は、エンドツーエンドのモニタリングと予防的なパフォーマンスのインサイトを提供するため、企業はあまり問題がなく、より迅速にイノベーションを起こすことができます。さらに、ドメイン全体の分析の共有や、事業すべての部門への実施可能な結果のプレゼンテーションを容易に行うことができます。

詳細はこちら
top.name