メニュー

アプリケーションパフォーマンスを保証するにはインフラストラクチャの機能停止や障害の検出が不可欠

ネットワークはさまざまなインフラストラクチャコンポーネントで構成されており、各コンポーネントがどのような役割を果たし、その動作がアプリケーションにどのような影響を与えているか、簡単には把握できません。幸い、ほとんどのコンポーネントはSNMP (Simple Network Management Protocol) モニタリングをサポートしており、ネットワークインフラストラクチャの機能停止や障害を、迅速に検出するために必要な情報を入手することが可能です。SNMPでは、ネットワークデバイスやインタフェースの可用性に関する重要な情報に加え、帯域幅の消費量、パケットロス、遅延、エラー、破棄、CPU、メモリなど、その他のパフォーマンス評価指標も確認できます。

SNMPモニタリングでコンポーネントの健全性に関する詳細データを収集

Windows Management Instrumentation (WMI) ポーリングの機能は、SNMPモニタリングによく似ていますが、その対象はWindowsデバイスに限られます。WMIを利用すると、WindowsのCPUやディスク、メモリ、オペレーティングシステムの健全性を把握できます。

またWMIでは、デバイスで動作しているプロセス、そのプロセスが使用しているリソースの種類、主要なMicrosoftアプリケーション (SQLサーバー、IIS Web サービス、ドメインコントローラー/Active Directory、MSMQキュー) の健全性も確認できます。さらにWMIはWindowsタスクマネージャーにある詳細な情報も収集して共有します。

アプリケーションパフォーマンスを支えるインフラストラクチャモニタリングの状態を常時把握

ビジネスに不可欠なアプリケーションをサポートするインフラストラクチャコンポーネントの健全性は、アプリケーションそのものと同じくらい重要です。インフラストラクチャで障害が発生すると、アプリケーションにも問題が生じます。このため、リアルタイムで実用的な情報を活用して先手を打ち、ビジネスに影響が及ぶ前に問題を特定、診断することが必要となります。

  • ビジネストランザクション、社員の生産性、カスタマーエクスペリエンス、そして最も重要な会社の評判に影響する業務の停止とダウンタイムを回避する
  • パフォーマンスの問題を予防的に検出することで、新しいサービスや技術の導入に伴うリスクを軽減する
  • サードパーティサービスを導入する影響を理解し、サービス内容契約 (SLA) を評価する

ネットワークとアプリケーションパフォーマンスにおけるインフラストラクチャモニタリングの影響を理解する

関連リソース

タイプ
特徴

さあ、始めましょう!

評価版のダウンロード、詳細のお問い合わせ、購入方法についてはこちらをご覧ください。成功への近道へとご案内いたします。

top.name