メニュー

ネットワークのパケット量は人が処理できる限界を超えている

今日のネットワークはこれまでになく高速で、より多くのトラフィックとより多様なデータを運んでいます。それに伴い、ネットワークの監視と分析はますます困難になっています。IT組織が上位のネットワークビューで煩雑なデータの山と格闘していると、ネットワークの動作とパフォーマンスに関する下位の詳細なデータは、混乱の中で埋もれてしまう可能性があります。

エンドユーザーからアプリケーションの速度低下について苦情を受けたとき、エンドユーザーが実際に体験していることを把握するには、アプリケーション自体とアプリケーションとネットワークのやり取りを詳細に理解している必要があります。ネットワークに問題がないことを単に証明するだけでなく、アプリケーションの観点から問題を見直す必要があります。

パケットキャプチャと分析によりネットワークのトラブルシューティングの時間を短縮

適切なツールがあれば、これまで数時間かかっていたネットワーク問題のキャプチャ、デコード、根本原因の追求をわずか数分に短縮できます。エンタープライズネットワークのトラブルシューティングとモニタリングにより、テラバイト単位のパケットデータが継続的にキャプチャされます。

ネットワークフローデータの継続的なフローモニタリングおよび収集と、パケットベースのパフォーマンスメトリックスデータを組み合わせると、業務の妨げとなりユーザーの生産性を低下させる突然のアプリケーション障害を素早く解決し、障害から回復させることができる最強の手段となります。

ローカルで保存されているデータをすべてそのまま分析することで、素早くドリルダウンして問題を切り分け、時間のロスを避けることができます。これらの大きなファイルをネットワークで転送して、他の重要なトランザクションやアプリケーションの遅延を招くこともありません。選び出したトラフィックを直接Wireshark®に送信し、ナノ秒単位で個々のパケットをさらに詳しく調査し、デコードすることもできます。

ネットワークのトランザクション分析を使用してワークフローを効率化

今日の複雑な多層インフラストラクチャにおける個々のユーザートランザクションの遅延原因を特定する作業では、ネットワーク全体に散在するさまざまなリソースと、数千単位のメッセージ交換が関与します。適切なツールがないと、トレースデータとパフォーマンスメトリックスの分析に膨大な時間を費やしても、問題の原因を特定できないことになりかねません。さらにドリルダウンして根本原因の分析を行うために、対象となる特定のトランザクションを識別できるツールを使用すれば、トラブルシューティングワークフローが効率化され、早く正確な分析が可能になり、解決の糸口を見つけることができます。

関連リソース

さあ、始めましょう!

評価版のダウンロード、詳細のお問い合わせ、購入方法についてはこちらをご覧ください。成功への近道へとご案内いたします。

top.name