メニュー
デバイスの複雑さや、WANトランスポートまたは機器の高コストに悩まされている企業は、拠点のオフィスでSD-WANソリューションのパイロットを実施べきです。- Gartner「Technology Overview for SD-WAN (SD-WANの技術概要) 」2015年7月

他の大手の小売業者と同様に、この多国籍通信プロバイダーは、IT効率とコスト効率の高いソリューションを必要としています。数千もの拠点を構える、高度に分散化された組織にとってネットワークは不可欠です。帯域幅のコストとパフォーマンスの最適化のニーズに対応するため、この組織はハイブリッドネットワーク (MPLSとインターネット) への移行を決定しました。

ただし、店舗ごとに複数のネットワークセグメント (PCIコンプライアンスとゲストWi-Fiのサポートの両方が必要) 、またサイトごとに複数のWAN技術 (LTEとMPLS) を伴うネットワークの運用は容易ではありません。さらに、これらすべてのテクノロジーはローカルのWi-Fiとスイッチと互いに連携して動作する必要があります。プロバイダーが次世代の拠点の店舗でのエクスペリエンスに対応する新しいアプリケーションを次々と展開するにつれて、ネットワーク運用コストと俊敏性に影響を及ぼす複雑な変更管理が大きな懸念となっています。

リバーベッドのソリューション

SteelHeadのWAN最適化SteelConnect SD-WANSteelCentralの可視性を組み合わせ、ネットワークの課題に対応する極めてシンプルで包括的な統合ソリューション

SteelConnectの付加価値

  • ハイブリッドWANとLAN技術を含む、ネットワーク運用の複雑さを大幅に軽減
  • セキュリティと俊敏性の向上を図るために統合されたLAN + WANのゾーニングコンセプトを使用して、サイトで簡単にプロビジョニングされるネットワークセグメント
  • ハイブリッドネットワーキングとネットワークセグメント化ルールの導入に向けた、瞬時でグローバルなポリシーの一元管理
  • SteelHeadのWAN最適化によるアプリケーションの加速化
  • SteelCentralがもたらすネットワークとアプリケーションパフォーマンスへのの可視性により向上するユーザーエクスペリエンスと簡略化されたトラブルシューティング

その他の ビジネスの活用例 >

その他の 業界別活用例 >

 

「その他のSD-WANアプローチはソフトウェア定義のネットワーキングをネットワークのエッジに提供するのに対して、SteelConnectはこれらの機能をユーザーの拠点のオフィス全体に拡張します。」
- Brad Casemore氏、IDC/SearchNetworking、2016年4月

Riverbed® SteelConnect™サービス

SD-WANへの移行を評価し、SteelConnectの展開と実績への効果反映までの時間を短縮します。

関連リソース

タイプ
特徴

    さあ、始めましょう!

    トライアルのダウンロード、詳細のお問い合わせ、購入方法については下のボタンをクリックしてください。成功への近道へとご案内いたします。

    top.name