メニュー

従来の障害回復ソリューションでは、サービス内容合意や事業継続性を保証することはできません

「今日の企業では、データセンターとのWANパフォーマンスを高速かつ予測可能な状態に保持する必要があります。複数のデータセンター間でのデータの保護は、業務を運営していく上で不可欠です。課題はデータセットやレプリケーションの作業負荷が増え続けても、運営コストとリスクを増やすことなくそれを実行することです。」
- IDC、リサーチディレクター、Brad Casemore氏

今日では、データセンターを統合して、拠点のサーバーやストレージを一元化し、テープによるバックアップからWANベースのデータ転送およびレプリケーションへと移行しています。そのため、大容量のデータセットがデータセンター間で転送され、より多くのデータが一部のデータセンターに保存されることになります。

アプリケーション間での大幅な遅延、パケットの損失、制限された帯域幅、輻輳によって、データセンター間における高速かつ信頼性の高いパフォーマンスにも課題が生じています。

このようなIT業務計画とデータ量の増加により、ミッションクリティカルな事業継続性とディザスタリカバリのプロセスに関連したRPO/RTO (目標復旧時点/目標復旧時間) などのサービス内容合意や純利益を維持するのが困難になってきています。

データセンター間でのデータレプリケーションとディザスタリカバリのニーズに備えて構築

SteelHeadの強力な可視性と制御機能により、コストとリスクを削減しながら、データの転送とレプリケーションをより大量により頻繁に行うことができ、迅速なデータのリカバリ時間と事業継続性の改善を確保します。SteelHead CXでは、大幅な遅延やパケット損失がある状態でも、WAN全体でのスループットが最大60倍まで改善し、帯域幅が最大99%まで削減されます。

SteelHeadの詳細はこちら>

事業の統合と継続を可能にし、リスクを低減しつつ事業を保護して成長を促進

"障害回復プロセスの強化された可視化と制御機能を合わせ持ったSteelHeadの高パフォーマンスにより、負荷やネットワークの状態に不測の変化があっても、データレプリケーションを時間どおりに完了します。"
- Trace 3、プラクティスディレクター、David Titov氏

データセンター間の負荷を最適化するにあたり優れたコスト/パフォーマンスを提供するSteelHead は、より低いコストで容量を増加させ、パフォーマンスを最適化します。ネットワークの課題や帯域幅の制約にかかわらず、サービス内容合意 (SLA) を満たし、またはそれを超越した場合でも、事業へのリスクを低減することができます。

SteelHeadは、それぞれの負荷における細かい可視化と制御が可能であるため、パフォーマンス、予測、および事業計画を改善する手助けをします。他の SteelHeadを自動検出する SteelHeadソリューションの機能により、ネットワークの統合が簡素化され、データセンターとネットワークの管理が容易になります。

SteelHeadは帯域幅の要件を削減するだけでなく、プロジェクトの遅延を回避し、帯域幅のアップグレードの費用も削減します。そのため、戦略的な事業継続性と事業に専念することができます。

SteelHead™ サービス

ビジネス上の価値の継続的な実現のために、SteelHead製品の展開を迅速に進め、ROIを高速化し、運用効率化を図ります。

関連リソース

タイプ
特徴
top.name