Skip to main content

IDCスポットライト:重要性を増すSaaSアプリケーションとIaaSワークロードのパフォーマンスの確保

IDCによると、「アプリケーションのダウンタイムの平均コストは、あらゆる産業、あらゆる組織、あらゆる地域で1時間あたり25万米ドル」1であることをご存知でしたか。

SaaSおよびIaaSに対する投資を守るには、重要性を増すこうしたアプリケーションとワークロードの可用性を確保し、パフォーマンスを高める必要があります。

新しいIDCテクニカルスポットライトをお読みいただくと以下のことがわかります。

  • SaaS、IaaS、マルチクラウド化の増大がネットワークに及ぼす影響
  • 今後直面し克服する必要がある新しいネットワーク課題
  • アプリケーションの高速化、ネットワークパフォーマンス管理、SD-WANテクノロジーのポートフォリオにおけるリバーベッドの貢献
1出典:IDCテクノロジーのスポットライト、「重要性を増すSaaSアプリケーションとIaaSワークロードのパフォーマンスの確保」、2019年12月 

その製品・サービスのポートフォリオにより、リバーベッドは、マルチクラウドの世界で首尾良くビジネス成果を出せるように設計された、アプリケーション指向のデジタルネットワークインフラストラクチャを導入するという点で、お客様と提携するのに適した立場にあります。

データセンターネットワークス部門リサーチディレクター、Brad Casemore氏
IDCテクノロジーのスポットライト、「重要性を増すSaaSアプリケーションとIaaSワークロードのパフォーマンスの確保」、2019年12月

Get the Report

Submit your details below