メニュー

Microsoft Skype for Businessのためのソリューション

Skype for Businessにエンタープライズ規模のパフォーマンスを確保

ユーザーの生産性を確保

個々のSkype for Business展開の成功度は、ユーザーの使用具合で測ることができます。技術的な問題がユーザーの生産性低下を引き起こし、導入が妨げられることが頻繁に起きています。リバーベッドソリューションでは、次の方法でSkype for Businessユーザーの生産性を確保します。

Windows 10への移行のリスクを軽減する方法

Skype for Business環境のモニタリング

パフォーマンスのモニタリングでは、通話の質、サービスの可用性、通話完了率、採用率などの主要なパフォーマンス指標を、リアルタイムで適切に測定する必要があります。Riverbed SteelCentral UCExpertは、Skype for Business環境を管理する完全なソリューションを提供します。

UCの問題のトラブルシューティング

Skype for Businessの問題のトラブルシューティング

Skype for Businessに関する問題の根本原因の特定は、当て推量になりがちです。デバイスの問題なのか、アプリケーションなのか、ネットワークの問題またはインフラストラクチャなのか。ネットワークおよびインフラストラクチャの品質メトリックスをホップバイホップ式のメディアパスビューに統合することで、通話内のメディアパスをグラフィカルに表示し、ネットワークベースのSkype for Businessの問題の原因をすばやく特定することができます。

エンドポイントの健全性のモニタリング

Skype for Businessのエンドポイントの健全性のモニタリング

他のビジネスクリティカルなアプリケーションと同様に、Skype for Businessのパフォーマンスは、エンドポイントのパフォーマンスと健全性に左右されます。SteelCentral Aternityは、反応の遅れやクラッシュに備え、クライアントアプリケーションのモニタリングを行います。Aternityは、ユーザーの操作、デバイスの健全性、そしてエンドユーザーから見たアプリケーションパフォーマンスを相互に関連付け、エンドポイントで発生する問題に対して ITがすばやくトラブルシューティングを実施し、解決できるようにします。

さあ、始めましょう!

詳細のお問い合わせ、購入方法については、当社までご連絡ください。成功への近道へとご案内いたします。

top.name