メニュー

Microsoft Skype for Business のためのソリューション

Skype for Business にエンタープライズクラスのパフォーマンスを確保

ユーザーの生産性を確保

個々の Skype for Business の導入例がいかにうまく行ったかは、ユーザーの受け入れの度合いで測ることができます。技術的な問題がユーザーの生産性低下を引き起こし、導入が妨げられることが頻繁に起きています。リバーベッドソリューションでは、次の方法で Skype for Business ユーザーの生産性を確保します。

Windows 10 への移行のリスクを軽減する方法

Skype for Business 環境のモニタリング

パフォーマンスを監視するには、通話の質、サービスの可用性、通話完了率、採用率などの主要なパフォーマンス指標を、リアルタイムで適切に測定する必要があります。Riverbed SteelCentral UCExpert は、Skype for Business 環境を管理する完全なソリューションを提供します。

UC の問題をトラブルシューティング

Skype for Business の問題のトラブルシューティング

Skype for Business に関する問題の根本原因を特定することは、当て推量になりがちです。デバイスの問題か、アプリケーションなのか、ネットワークの問題またはインフラストラクチャなのか。ネットワークおよびインフラストラクチャの品質メトリックをホップバイホップのメディアパスビューに統合することで、通話内のメディアパスをグラフィカルに表示し、ネットワークベースの Skype for Business の問題の原因を素早く特定することができます。

エンドポイントの健全度を監視

Skype for Business のエンドポイントの健全度のモニタリング

他のビジネスクリティカルなアプリケーションと同様に、Skype for Business のパフォーマンスは、エンドポイントのパフォーマンスと健全性に左右されます。SteelCentral Aternity は、反応の遅れやクラッシュに備え、クライアントアプリケーションの監視を行います。Aternity は、ユーザーの操作、デバイスの健全性、そしてユーザーから見たアプリケーションパフォーマンスを相互に関連付け、エンドポイントで発生する問題に対して IT が素早くトラブルシューティングを実施し、解決できるようにします。

さあ、始めましょう!

評価版のダウンロード、詳細のお問い合わせ、購入方法については、こちらをご覧ください。ビジネスの成功をご支援します。

top.name