メニュー

SD-WAN: ソフトウェア定義WAN

クラウド時代に向けてネットワークを再定義

自動化

WANを管理する従来の方法は、ハードウェア中心で、変更の実装にCLIを使用したスクリプトまたは手動のデータ入力に依存しています。このアプローチは時間がかかり過ぎ、複雑なうえ、エラーが起こりやすいため、今日のネットワークに必要とされる変化のペースに対応することができません。自動化、一元管理、ポリシーベースの管理によって驚異的な効率向上を実現することができます。SD-WANは、変化するビジネスの要件に対応するように、ITがネットワークをすばやく調整することを可能にする、これらの機能を提供します。

スピード

ネットワークパフォーマンスは、ビジネスに不可欠なアプリケーションとユニファイドコミュニケーションにとって重要な要素です。ただし、すべてのネットワークトラフィックが高速に流れる必要があるとは限りません。SD-WANは、様々なアプリケーションとユーザーのトラフィックを適切なパスに導く機能と従来のQoSを統合します。また、SD-WANはWANリンクの健全性を監視し、プライマリパスで輻輳が発生すると自動的にトラフィックを代替パスにルーティングすることができます。

高いコストパフォーマンス 

組織の多くは、エンタープライズサイトの接続にMPLSのみを利用しています。一部 (またはすべて) のWANのトラフィックをMPLSからブロードバンドインターネットに移動させることで、大幅なコスト削減を達成できます。SD-WANでは、任意の数のトポロジを使用して、MPLSをブロードバンドと組み合わせるセキュアなハイブリッドWANの設定を簡単に行うことができます。

 

その他のリソース

タイプ
特徴

Ready to get started?

Download a trial, contact us for more info, or find out how to buy. We’re here to help you get ahead.

top.name