メニュー
ソフトウェア定義WAN (SD-WAN) のソリューションを使用して、ネットワーク管理者は一元化されたポリシーマネージャーを導入し、複雑なルーティングを簡単に構成可能なパス転送に置き換えることで、拠点の簡略化を実現することができます。-Bjarne Munch「Virtualization and SD-WAN Enable Branch Office WAN Simplification (仮想化とSD-WANで拠点のWANを簡略化) 」Gartner、2015年5月

どの小売業者にとってもブランド管理には技が求められます。大規模な小売グループ内では、ブランドは競合と協力を余儀なくされます。この親会社内では、各ブランドは、拠点の新店舗を次々と出店するなど、積極的な成長計画に従っています。各ブランドは独自のITに関する意思決定を行うことができる一方で、親会社は標準化された最先端のソリューションを提供してブランドを強化します。 広範囲に分散された4000を超えるサイトの接続は、MPLSとインターネット技術の組み合わせを必要とし、同じサービスプロバイダーによって提供されます。

クラウドファースト戦略を進める上で、ブランドは SaaSアプリケーションの利用を高めることが求められます。パフォーマンスとコストの両方の理由から、SaaSアプリケーションはローカルのインターネットブレイクアウトを経由して拠点のユーザーに配信されます。これらのローカルのインターネットブレイクアウトを管理するには運用上の問題が伴います。緊急の課題は、特にインターネットブレイクアウトを使用している拠点の接続を簡略化し、サイトのプロビジョニングを加速させることです。 

リバーベッドのソリューション

SteelConnect SD-WANが提供する、以下のハイブリッドネットワークの3つのパスをアプリケーションレベルで完全に制御する機能 MPLS、IPSec接続を介したインターネットバックホール、ダイレクトインターネットブレイクアウト

SteelConnectの付加価値

  • パスセレクションは、ローカルのインターネットブレイクアウトを含む、すべてのパスに対してレイヤー7の基準 (ドメイン名) に基づいて行われる
  • IPSecバックホールの管理を簡略化し、拠点、データセンター、クラウドの拠点にわたり、シームレスなオーバレイを実装するAutoVPNマルチメッシュVPN接続
  • 全サイトで一貫したサービスを確保する、グローバルなアプリケーション中心のポリシーの一元管理
  • 自動化により、サイトのエッジデバイスの構成や再構成の必要性を低減する、手作業不要のプロビジョニング
  • SteelConnect Managerによるクラウドベース管理
  • zScalerのWebセキュリティなどのサードパーティサービスを利用した簡単なサービスチェイニング 

その他の ビジネスの活用例 >

その他の 業界別活用例 >

 

「Riverbed SteelConnectのネットワーキングに対するアプリケーション定義のアプローチや、特にネットワークとアプリケーションの可視化の領域においてのWAN最適化に関する専門知識に基づいて、SteelConnectは拡大を続けているハイブリッドエンタープライズの境界全体で俊敏性の高いセキュアなアプリケーションデリバリーを確保するという課題に対応することができます。」
- Hugh Ujhazy氏「Digital Transformation Readiness in APJ: Harnessing the Agile Wide Area Network (APJにおけるデジタルトランスフォーメーションの準備: 俊敏性の高いワイドエリアネットワークを利用する) 」IDC、2016年7月

Riverbed® SteelConnect™サービス

SD-WANへの移行を評価し、SteelConnectの展開と実績への効果反映までの時間を短縮します。

関連リソース

タイプ
特徴

さあ、始めましょう!

評価版のダウンロード、詳細のお問い合わせ、購入方法についてはこちらをご覧ください。成功への近道へとご案内いたします。

top.name