メニュー

ネットワークキャパシティのプランニング: 今日のネットワークの構築は複雑を極める

建築技術者がコンピューター支援設計 (CAD) を使用して超高層ビルの強度を設計してテストするように、ネットワークアーキテクトも、ITネットワークを構築する前にその全体像を設計してテストすることができます。将来のニーズに合せてキャパシティを増強できる健全なネットワークを構築するには、ネットワークアーキテクチャプランニングでの、ネットワークキャパシティプランニングが極めて重要です。

ネットワークキャパシティプランニングは、マルチテクノロジー、マルチベンダーネットワークにおける新しいアプリケーションや技術の導入、トラフィックの増大、データセンターの統合や移行など、ネットワークの「What If」シナリオに対する答えを導き出します

依存関係マップであらゆる要素の連携を把握

Turnerがネットワークのキャパシティプランニングを改善「リバーベッド製品を使えば使うほど、より多くの問題をすばやく解決できるので、十分な時間がなく手を付けられなかった他の仕事に取り組むことができるようになります。」 - Turner Broadcasting System、ネットワークエンジニア、John Zientowski氏

SteelCentralネットワーク キャパシティプランニングツールを使用すると、インフラストラクチャコンポーネントとその依存関係を自動検出することにより、アプリケーションとインフラストラクチャがどのように連携して、ビジネスに必要不可欠なサービスをネットワーク全体に配信しているのかを確認できます。また、変化が著しい現代の動的な環境において、サービスマップを利用して依存関係の変化を追跡することもできます。

提案された新技術やトラフィックの変動の影響を予測

Alstomがネットワークのキャパシティプランニングを改善「今まで見たこともないほど優れたデータ品質で、とてもわかりやすく、パケットデコードなどと比べて非常に簡単でした。使い慣れた他のツールより20倍も簡単に使用できそうです。状況を確認するのに複数のツールを使わなくてよいことにも安心しました。」" - ALSTOM、英国ネットワークマネージャー、Chris Reynolds氏

ネットワークの動作を非常に忠実にモデル化し、物理ネットワークに変更を加えるかなり前の段階で、そのシナリオを仮想化ネットワークに適用できます。これにより、ネットワークの安定性や応答性、最悪の場合は可用性にまで影響を及ぼす可能性のある変更のリスクを最小限に抑えることができます。

関連リソース

タイプ
特徴

さあ、始めましょう!

評価版のダウンロード、詳細のお問い合わせ、購入方法についてはこちらをご覧ください。成功への近道へとご案内いたします。

top.name