メニュー

ユニファイドコミュニケーションとVoIPシステムで生じたパフォーマンスの問題が混乱と不満を招く

「社内で年に2回アンケートを実施していますが、音声システムへの満足度は1~10の段階評価で5か6でした。電話通信に問題が発生しても、ユーザーからヘルプデスクに連絡があるまで待たなければなりませんでした。」 
-– The Riverside Company、ネットワーク/電話通信事業マネージャー、Stalin Guilamo氏

会議、モビリティ、ビデオ、コラボレーションなどのアプリケーションには、ユーザーの高い期待に応えるためパフォーマンスに厳格な基準があり、常時可用性という要件もあります。エンドツーエンドのライフサイクル全体を通じてパフォーマンスの厳しい基準を維持するには、適切なツールが欠かせません。ユーザーに影響が及ぶ前に問題を正確に特定して解決できる必要があり、アップグレード時や変更時、継続的な運用中もシステムの可用性を維持しなければなりません。

エンドユーザーエクスペリエンスを重視したモニタリングと警告で機能停止を削減

 SteelCentral UCExpert を使用すると、ユニファイドコミュニケーション インフラストラクチャ (Cisco® Unified Communications ManagerやAvaya Aura® Communication Managerを含む) を継続的に監視できます。ネットワークと電話通信を扱う部門は、音声の品質、サービスの可用性、パフォーマンス、キャパシティ、その他の主要なパフォーマンスメトリックスに問題が発生すると警告を受け取ります。

ユニファイドコミュニケーション システムの動作を常に明確に把握できれば、システム自体とその管理能力の信頼性が高まり、開発とテストに要する時間も短縮されます。コンフィギュレーションのあらゆる要素やその属性の更新も含む、VoIP環境に対するほぼすべての変更を詳細に追跡し続けることで、コンフィギュレーションの変更によって生じた問題の根本原因を素早く特定できます。

生産性を高め、平均修理時間 (MTTR) を短縮し、コストを削減する予防的なモニタリングとリモートからのトラブルシューティング

「ユーザーから問題が報告される2~5分前に警告を受け取っているので、その時点ですでに対処が必要な場所の見当が付いています。」 – The Riverside Company、ネットワーク/電話通信事業マネージャー、Stalin Guilamo氏

SteelCentral UCExpertを使用すれば、「故障してから修理する」状況から抜け出し、ユニファイドコミュニケーションへの投資効果を最大限に得ることができます。マルチサイト環境では、問題のトラブルシューティングと診断をリモートで行い、解決できることが、音声担当ITチームの効率、スピード、対応力を高めるうえで重要な要素になります。

ささいなコンフィギュレーションの変更がサービス品質にどのような影響を及ぼすかを把握することは、修復に要する時間の短縮と、問題の再発頻度削減や防止につながります。ユニファイドコミュニケーションなどのミッションクリティカルなアプリケーションでは、導入後やアップグレード後、問題が見過ごされる可能性のある業務時間外にもシステムの機能をテストする必要があります。予防的な自動テストでサービスの可用性をモニターでき、費用のかかる手動のテストを行う必要がなくなります。

関連リソース

タイプ
特徴

さあ、始めましょう!

評価版のダウンロード、詳細のお問い合わせ、購入方法についてはこちらをご覧ください。成功への近道へとご案内いたします。

top.name