メニュー

電話が信頼できないと、業務の失敗を招きかねない

社内ユーザーは、信頼のおける常に利用可能な通信手段を使って共同作業を行い、顧客とやり取りします。ユーザーに影響が及ぶ前に問題を検出することができ、サービスの機能停止が発生した場合でもその影響を軽減できるユニファイドコミュニケーション (UC) 管理およびVoIPソリューションへの投資は必要不可欠です。

  • 全社内のビデオと音声のコラボレーションアプリケーション、ソーシャルメディア、メッセージ機能、モバイルアプリケーションなどの信頼性を強化する 
  • 効果的なコラボレーションを行ってヘルプデスクへのサポートコールを削減することでユーザーの生産性を改善する
  • ユニファイドコミュニケーションの品質を継続的に監視して、顧客に影響が及ぶ前に問題を発見し、解決する

ビデオとVoIPのモニタリングとトラブルシューティング

ビデオに関するユーザーエクスペリエンスの品質低下は、すぐに不満を抱える社員やヘルプデスクへのサポートコールの増加の原因となります。 Riverbed SteelCentral UCExpert VoIPモニタリングソリューションは、ビデオストリームをリアルタイムで監視し、ビデオフローの品質低下の根本原因を切り分けることでビデオ品質の問題を検出します。

Voice-over-IP (VoIP) は、ユーザーが期待する高い通話品質を実現する一方で、組織の通信運用コストの削減に役立ちます。しかし、通話品質を保証するには、問題を特定し、迅速なトラブルシューティングを可能にするモニタリングソリューションを含む、効果的な管理が必要です。

ビジネスユーザーの接続性と生産性を維持する

「SteelCentral製品があれば、ネットワークや、ビジネスに不可欠なアプリケーションのパフォーマンスに関して、他からは得られない優れた知見が得られます。それによって、ネットワークのパフォーマンスを常に最適に保つことができ、問題が発生して業務が停滞することもなくなりました」–Würth、ネットワーク管理者、Andreas Mayer氏 

VoIPのモニタリングとトラブルシューティングの利点:

  • エンドユーザーから問題が報告される前に問題を検出して解決 
  • 通信の不正利用やその他の不適切な通話を検出してコストを削減 
  • SLA違反に対するクレジットを削減し、顧客へのサービスレベルを向上 
  • 反応時間と平均修復時間 (MTTR) を削減 
  • 未使用のゲートウェイ、サーバー、デバイスリソースの保守作業をなくし、コストを削減 
  • インテリジェントなポリシーベースのトラフィック制御を利用して予測通りのパフォーマンスレベルを維持
  • ビデオアプリケーションを拡張してピーク使用時の高可用性を実現
  • ビデオのパフォーマンス問題をリアルタイムで把握することで、問題を素早く解決

予防的なVoIPモニタリングにより、The Riverside Companyのビジネスに不可欠な音声通信を改善

お客様事例を読む >

関連リソース

タイプ
特徴
    top.name