メニュー

コラボレーションを必要とし難しくする距離と場所

「当社のユーザはCAD、GIS、Microsoft Officeアプリケーションから Exchange Email、SharePoint、Microsoft CRMまでさまざまなアプリケーションを使用しています。当社の社員は、数百メガバイトもの大容量ファイルを扱う必要があり、これらのファイルをWANで共有するのは容易ではありません。l720MB のファイルを別の支社に転送する場合、2時間かかる場合があります。」
- GeoEngineers、情報テクノロジーマネージャー、Courtenay Bernier氏。 お客様事例を読む>

今まで以上に企業が情報を提供し、ユーザがそれを消費しています。非常に大きなファイルをデータセンター間、クラウド、中心的な場所から支社に転送する必要があります。仮想マシン、ネットワークキャプチャ、すべての種類のファイル、データベースは定期的に、または毎日再配置する必要があります。ハイブリッドWANを介したデータやファイルの交換では、受け取りまでに長時間の遅延が発生します。

SharePointサイトやインスタンスなどのコラボレーションをベースとしたソリューションは、企業のデータセンター、拠点、リモートオフィスとのやりとりで増加しつつあります。最も利用されているコラボレーションソリューションは電子メールで、Microsoft® Exchange Serverが企業での標準的な方法です。ユーザや企業グループでは常に新しいコラボレーションツールを導入しています。

しかし、距離や場所がファイルの転送、ファイルの共有、コラボレーションアプリケーション、そしてユーザの生産性の妨げとなっています。

SteelHeadソリューションは場所や距離に関係なく、迅速なコラボレーションを提供します。

リバーベッドのSteelHeadアプリケーションパフォーマンス管理ソリューションにより、帯域幅や地理的な制限を解消し、生産性を向上させ、仮想化環境やクラウド環境、または移動中でもデータセンターや拠点とグローバルなコラボレーションが可能となります。ファイル転送、ファイル共有、SharePointなどのコラボレーションベースのアプリケーションを使用するにあたり、SteelHeadソリューションはアプリケーションを最大97倍も高速化します。

ストリームライニングテクノロジーを採用したSteelHead:

  • 帯域幅の利用率を最大99%低減
  • データ転送に必要なパケット数を最大98%低減
  • 暗号化されたトラフィックを高速化し、セキュリティ/パフォーマンスのトレードオフを回避
  • アプリケーションの競合を最大98%低減
  • ユーザのデバイスやITインフラストラクチャを変更することなく、SteelHeadソリューションの自動検出とトラフィック傍受によって容易に配備
  • シンプルかつパワフルなインタフェースと詳細なレポーティングにより、アプリケーションとユーザの管理を簡素化

さらに、リバーベッドのポリシーに基づいたQuality of Service (QoS)、事業意図ベースのパスセレクションと負荷バランシングにより、特定のアプリケーションが使用可能な帯域幅を優先的に利用できるようになります。

SteelHeadの詳細はこちら>

転送およびコラボレーションアプリケーションを高速化、事業に必須のアプリケーションを特定して優先順位を付け、インフラストラクチャのアップグレードを先送り

「ユーザーエクスペリエンスが大幅に向上したため、ユーザーは自費を払ってでもリバーベッドのソリューションを導入したいと思っています。1,700人のユーザから収集した情報に基づく年1回の社内向け顧客満足度調査によると、ネットワークパフォーマンスは対前年比で常に評価が最悪でしたが、今年は苦情が1つも出ていませんでした。」
Medi-Clinic Southern Africa、グループICTオペレーションズマネージャー、Deon Myburgh氏。 お客様事例を読む>

SteelHeadソリューションにより、ユーザーがどこにいてもアプリケーションのパフォーマンスは最大100倍向上し、特定のアプリケーションでは100倍以上となります。ユーザーは場所や時間にかかわらず、現地と同様の品質および生産性を維持しながら、必要に応じてアプリケーションを使用することができます。これはリモートワーカーにとっても同様です。

SteelHeadソリューションは、ビジネスに不可欠なトラフィックとレクリエーションのトラフィックを区別し、優先順位を付けることによって、アプリケーション高速化に最適なパスを選択します。また、SteelHeadによって帯域幅の利用率が最大99%削減され、高価なネットワーク帯域幅のアップグレードを回避できるため、IT部門は戦略的にインフラストラクチャを導入し、リソースを割り当てることができます。

SteelHeadにより、IT部門はハイブリッドWAN全体ですべてのアプリケーションを最適化し、アプリケーションを認識する事業意図ベースのポリシーを通じてアプリケーション、ネットワーク、エンドユーザーエクスペリエンス、制御の可視性を向上させ、ミッションクリティカルなアプリケーションを最適で高速なネットワークを介して提供することができるようになります。 

SteelHead™ サービス

ビジネス上の価値の継続的な実現のために、SteelHead製品の展開を迅速に進め、ROIを高速化し、運用効率化を図ります。

関連リソース

タイプ
特徴
top.name