メニュー

インタフェースを切り替えながら目的の IT データを見つけるのは時間がかかる

企業によっては、複数の IT システムを独自に組み合わせて使用しています。多くのシステムやソフトウェア技術には、それぞれ独自の指標が存在します。しかし、ビジネス部門や IT 部門の責任者が現在の状況を把握する際には、運用チームが複数のインタフェースを切り替えながら総合的なデータに集約する必要があり、まるで 1,000 ピースのジグソーパズルを完成させるくらい難しいことです。

システムが複雑化し、IT 担当チームが時間に追われるようになると、組織独自のニーズに適応したカスタムインタフェースが欠かせません。担当チームが指標を集める作業手順を自動化し、ビジネス目標を達成するためのワークフローやプロセスと統合する必要があります。

IT データやプロセスを処理するカスタムアプリケーションを簡単に構築できるようになった

Riverbed SteelScript アプリケーションフレームワークは、カスタム IT アプリケーションの基盤として機能します。さまざまなソースにデータを問い合わせるよう設計されており、IT 指標が集まるカスタマイズ可能なハブとも言えます。

Riverbed Application Performance Platform では、オープン API を使用して、アプリケーションやネットワークパフォーマンスの重要なデータを SteelScript アプリケーションフレームワークに送出できます。SteelScript アプリケーションフレームワークで、システムから集められた他のデータと共に処理され、IT 運用チーム向けにカスタマイズされたビューが作成されます。

SteelScript アプリケーションフレームワークとリバーベッドのオープン API の詳細をご覧ください。

IT プロセスとレポートの作成を自動化して IT 業務の生産性を維持

時間と労働力は IT 部門の最も貴重な資源です。運用チームが指標を集めるプロセスを合理化できれば、貴重な時間を重要な仕事に振り向けることができます。取得方法を柔軟に選択してリバーベッドから指標を引き出す、リバーベッドのオープン API が役に立ちます。

カスタムアプリケーションの構築は困難な作業ですが、SteelScript アプリケーションフレームワークでは中心となるコードのほとんどが既に作成されています。このソリューションを基盤として利用すると、使用するデータや自動化するプロセスの選択に専念できます。

詳細については、「SteelScriptデータシート 」をご覧ください。

回答とコードを検索

答えを見つける。コードを共有する。

top.name