Forrester Consulting: 標準的な支店のITプラットフォームの最適化と統合

本調査は2009年4月にリバーベッド・テクノロジー株式会社の委託により、金融的な制約があり、技術的要件が高まる中でのIT組織の目標に関する 仮説をテストするためにフォレスター・コンサルティングが実施したものです。具体的には、次の仮説が正しいことを確認するために調査を行いました。

  • 2009年の後半に突入したが、組織は未だにコスト制限の困難に直面している。
  • モバイルワーカーとリモートワーカーの数は、着実に増えつつある。
  • 遠隔地や支店に属するユーザーには、現在中央または本部外では同等のITリソースが提供されていない。
  • サーバー資産の仮想化による統合の観点から見ると、支店はリモートワーカーの業務効率化とコスト削減に貢献する大きな機会を提供している。

このような目的で、Forrester社はITプロフェッショナルを対象にした調査を作成し、2009年5月に実施しました。調 査は合計300名のITプロフェッショナルを対象とし、うち米国および英国に属する企業から各100名、フランスおよびドイツからは合わせて100名が回 答を提出しました。全回答者は様々な垂直的な産業分野に均一に分散しています。

Download Report

Cras ut molestie elit, non fermentum nibh. Pellentes ut ex tincidunt, vulputate leo quis.

*
First
*
Last
*
hi@example.com
*
(XXX) XXX - XXX
*
Company
 
State
top.name