メニュー

エンドツーエンドのトランザクションをキャプチャして視覚化することは困難

「サポートチームは、特定のアプリケーションで発生している問題の解明に業務時間の90%を費やしていました。」 – National Instruments、Webシステムエンジニア、Mark Osborne氏

後で再現して分析やトラブルシューティングができるようにするには、最小限のオーバーヘッドで運用環境の各トランザクションをキャプチャする必要があります。現実のシナリオに合わせてアプリケーションを最適化するうえで求められるのが、データに基づいたアプローチです。

アプリケーションコードレベルのトレースと高レベルのパフォーマンスモニタリング

トランザクションを発生源からデータセンターの奥深くまで追跡して分析することができます。アプリケーションのどこで遅延とエラーが発生しているかを正確に把握し、解決までの時間を90%短縮できます。各トランザクションに基づいて、アプリケーション、インフラストラクチャ、およびネットワークの動作が観察できます。新機能のリリースや、コンフィギュレーションの変更が行われるたびに、脆弱性をすばやく検出し、修復できます。また、トランザクションフローのトレースにより、実行頻度の高い操作と低い操作も確認できます。さらに、使用パターンに応じて、新機能、問題解決、インフラストラクチャの変更に優先順位をつけることができます。

  • すべてのトランザクションをキャプチャして診断
  • アプリケーションの依存関係を完全に把握
  • ユーザー行動を詳細に把握

固有のトランザクションごとに詳細に分析

「すべてのJavaメソッドの呼び出しがトレースされるので、各アプリケーションのどこで遅延が発生しているかをコードレベルで正確に特定できます。このような機能は、他のツールでは見たことがありません。」 – National Instruments、Webシステムエンジニア、Mark Osborne氏

すべてのトランザクションのパフォーマンスデータが統計的に分析されます。例外を調べて、ベースラインと比較することもできます。Riverbed SteelCentralにより、パフォーマンスの低下による影響を受けやすい相関トランザクションを特定して診断し、修復できます。

関連リソース

タイプ
特徴

さあ、始めましょう!

評価版のダウンロード、詳細のお問い合わせ、購入方法についてはこちらをご覧ください。成功への近道へとご案内いたします。

top.name