メニュー

 スペースと電力に制約があるか、または全体として利用できません

"当社の大半の現場オフィスでは厳しいスペースの制約があり、過酷な環境条件に置かれています。"
- FHI、シニアシステムエンジニア、Jon Rudol氏

サーバーおよびコンピュータの負荷に対して、仮想化がデータセンターのデフォルトの標準になっています。多くの組織が、ハイブリッドWANの最適化を含めて、多くのインフラストラクチャを仮想化する次のステップに移行しています。

拠点でも、仮想化を必要とする追加の課題がある場合があります。粗雑に使用される軍事環境や仮想化されたデータセンターのように、スペースに制約や問題がありながらも、依然として高レベルのパフォーマンスが必要な場所があります。

ITインフラストラクチャを統合して無駄なスペースを削減しようとすれば、最高のユーザーエクスペリエンスの確保が依然として必要です。仮想化環境で最高のユーザーエクスペリエンスを実現するために、アプリケーションデリバリーをどのようにして高速化しますか。

仮想化されたデータセンターと拠点全体でのアプリケーションの高速化

VMWare対応 - vCLOUD AIRSteelHead CX は、VMware vSphere および vCloud Air (VMware認定) のほか、Microsoft Hyper-VおよびKVMで仮想ソリューションとして使用できます。SteelHead CXを利用すると、仮想化のスケーラビリティと費用便益を活用しながら、アプリケーションパフォーマンスの改善を実現できます。このソリューションは、スペースに制約があり、粗雑に使用される環境の場所に最適です。

IT部門はサーバーを追加せずに、単純なライセンスキーのアップグレードで拡張でき、さらにVMware vCenterなどの仮想化管理ツールを使用して配備を管理するとともに、WAN接続で最大1Gbpsの帯域幅最適化を実現できます。

SteelHead CXに関する詳細情報>

アプリケーションの長い待機時間をなくし、帯域幅の使用を最大限に高め、コストを削減します

「当社の顧客は、仮想化環境で最適のパフォーマンスを得るためにVMware vSphereプラットフォームで稼働するように構築された、リバーベッドのSteelhead仮想ソリューションからメリットを得られるでしょう。このソリューションは、パフォーマンスと生産性を落とすことなく、場所に関係なく、顧客が仮想化データセンターと異機種が混在した独自の環境の効率を高められるよう設計されています。」 
- VMware、グローバル戦略アライアンス担当バイスプレジデント、Parag Patel氏  

SteelHead CXは、VMware vSphereおよび vCloud Air (VMware認定) と Microsoft Hyper-Vで仮想化ソリューションとして使用できます。SteelHead CXを使用すれば、仮想化のスケーラビリティとコストメリットを活用しながら、アプリケーションパフォーマンスの改善を実現できます。このソリューションは、スペースに制約があり、粗雑に使用される環境の場所に最適です。

プールされたリソースで使用率を高め、必要に応じてデータスループットを、たとえば季節に応じて、または新製品の立ち上げなどで、柔軟に調整できる贅沢さも兼ね備えることができ、アプリケーションパフォーマンスを最大に高め、帯域幅の消費量を上手く管理できるようになります。また、SteelHead CXを既存のインフラストラクチャに配備できるため、コストを削減できます。

SteelHead CXは、エンドツーエンドのネットワーク監視およびレポーティングを行うSteelCentral Netprofilerと、WebおよびSaaSアプリケーションでのエンドユーザーエクスペリエンスを監視するSteelCentral AppResponseをシームレスに統合することで、ITの可視性を向上させます。SteelCentral Netsharkのアクティブ化により、拠点からのパケットとフローデータをオンデマンドで収集して問題解決を改善します。

SteelHead™ サービス

ビジネス上の価値の継続的な実現のために、SteelHead製品の展開を迅速に進め、ROIを高速化し、運用効率化を図ります。

関連リソース

top.name